アメリカで見かけるようになった「シニアのペットを高齢者の方々に譲渡する」プログラム

先日紹介したシニア犬専門の動物愛護団体 “Muttville“、彼らの団体には “シニアズ・フォー・シニアズ(Seniors for Seniors)」” や “カドル・クラブ(Cuddle Club)” と呼ばれる高齢者/シニアを対象としたプログラムがあります。

カドル(Cuddle)とは「抱きしめる」、「寄り添う」、「イチャイチャする」などの意味があります。要するにワンコ達とイチャイチャするクラブですね〜(笑)うちも行きたいわっ!

さて、このイチャイチャクラブ(おいおい、勝手に名前かえるなっ!笑)では、犬と暮らす事のできない高齢者の方々がこのプログラムに参加すると、一定の日にシニアの保護犬たちと戯れる事ができるというイベントです。このイベントで高齢者の方々は、可愛いシニアの保護犬達との交流はもちろん、同じく犬好きの人間同士の交流もできますね。もちろん新しい飼い主さんとの出会いを待つ保護犬達も、高齢者の方々からたくさんの愛情をもらえますし、まさにWin-Winシチュエーション!

こういったシニア犬や高齢者の方々を対象にしたプログラムはMuttvilleだけではなく、アメリカの動物愛護団体でも増えてきたような印象があります。

本当にナイスなアイデアですねー!

日本でもどこかの愛護団体さんでやってるのかもしれませんね♬

この記事は、私がBig Tree for Animalsで書いた記事の一部です。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加ちゅ〜♫

204088.gif よかったらランキングバナークリックで投票よろしくお願いします m(*- -*)m