ボストンでの思い出 Memory of Boston – “Back For Good”

1995年にリリースされた当時のボーイズグループ「テイクザット」のヒット曲「バック・フォー・グッド」をたまたまユーチューブで見つけた。

ボストンにいた当時の気持ちが蘇ってくる。

留学してまだ半年も経たない頃。

そこで出会ったたくさんの人たちの顔が蘇ってくる。

この曲は、別れたガールフレンドが自分の元に帰ってくることを願っている唄だ。

でも私にとっては、遠く離れた外国での新しく、楽しい毎日の中で、心のどこかに見え隠れしていた未知な世界への不安な気持ちなどを思い出させる。

ボストンはアメリカ生活の中で初めて暮らした街。

City of Boston
Photo by Rick harris posted under Creative Commons Licenses via Flickr

短大に入る前の最初の一ヶ月は語学学校のクラスに行っていた。

当時のことを思い出すと、懐かしいボストンの街の匂いを鼻の奥の方で感じる。ボイルストンストリート、ニューベリーストリート、そしてダウンタウン。それぞれのストリートをウォークマンを聴きながら歩いた記憶が蘇る。

そしてこの曲を久しぶりに聞いた時に一番こみ上げてきたのは、優しく包み込んでくれた私のホストファーザーとホストマザーのエドとパット。語学学校を終えて、短大に入るまでの間、今から考えれば危険な地域で安いYMCAに宿泊していた私を両手を広げて家に迎え入れてくれた二人。

今は二人とも彼らがとても愛していた神様のところに戻った──二人とは今でもよく夢の中で再会する。ふと思い出すと感謝と喜びと寂しい気持ちになる。エドがいつもくれた大きなハグ、パットの静かだけどチャーミングで知的な振る舞い。ボストン郊外の閑静な住宅街に住み、私とは違う世界の人たちだったけれど、私のことを心から受け入れてくれていたのを感じる。

ボストンを離れてから連絡をしなくなった事が悔やまれる。

でも必死だった私の気持ちは分かってくれていたと、分かってくれていると思っている。

私にとって、彼らの存在は大きな木のような存在だった。

ありがとう、エドとパット。

二人がまたそちらの世界で一緒になれて、心から嬉しいです。

Listening to “Back For Good” by Take That took me back 20 years. This song was released in 1995. I was in in Boston, Massachusetts. It was about a year into my study abroad life. The faces of all those people I’ve met came back to my mind. “Back For Good” is a song about a men wishing for his lady to come back to him for good, but for me, this song remind me about the delicate balance of being in the foreign country by myself, having fun, yet there’s this subtle feelings of anxiety about being there not knowing the future.

Boston was first city I landed. I went to ESL school before entering college in Leicester, Massachusetts. I can even recall the smell of those streets of Boston. Walking around the Boylston street, Newbury street and Downtown Boston, listening to this song on my Walkman.

And mostly, I think of my host parents, Ed and Pat—who took me in to their warm and safe home at my most and first vulnerable period in the US. Although they are now both back with God that they loved, I see them in my dream. And I think of them often with very warm memories. Ed’s big hug. Pat’s quiet but charming personality. They were from different world. But I felt they really embraced me. I regret not stay connected but I know they know (wherever they are) I truly loved them and appreciate them for being the root for me at that time. Thank you Ed & Pat. I am really happy you two are together again!

スポンサードリンク


ブログランキングに参加ちゅ〜♫

204088.gif よかったらランキングバナークリックで投票よろしくお願いします m(*- -*)m