ちゅーちゅーの肝臓数値

先日血液検査をしたら、ちゅーちゅーの肝臓の数値がやっぱりまだ高かったので、獣医さんと相談して漢方薬を始めることにしました。

食事もここ6ヶ月は「オネストキッチン」にしていたのですが、内容をコントロールできる手作りにまた戻しました。

漢方薬

スポンサードリンク

Kan Essentials “Subdue Liver Fire”をまず30日間飲ませた後で、Kan Herbals “Relaxed Wanderer”を追加。

これで数ヶ月後にまた肝臓数値のテストをして数値が下がっているかを確認します。

「母ちゃん、俺のことよろしく頼むでぇ〜」って言ったとか言わなかったとか・・・(笑)。
「母ちゃん、俺のことよろしく頼むでぇ〜」って言ったとか言わなかったとか・・・(笑)。

後は、獣医さんにオススメされた「ボーン(骨)スープ」を作りたいと思います。

ホリスティック獣医師のベッカー先生が説明する(英語)ボーンスープの作り方のビデオ

ボーンスープの簡単な説明:

  1. ビデオ4:00の所)オーガニックの骨付お肉(このビデオの場合は鶏を丸ごと)をたくさんのお水の中に入れ、栄養素が骨から出やすいようにお酢を少々入れて4時間ほど煮込むと自然にお肉が骨から取れます。
  2. ビデオ6:33の所)そうしたら、身が取れた骨や皮などを他のお鍋に入れ分けて、そこにまたお水とお酢を入れ、弱火で20時間〜24時間ほど煮詰めると、骨が完全に柔らかくなるそうです。
  3. ビデオ8:35の所)24時間後、骨の栄養素を全て出しきった栄養満点のボーンスープを、ストレーナー(ざる?)にかけ骨と液体を分けます。骨は捨ててください。この液体がボーンスープというそうです。(*火の通った骨はたとえ柔らかくなっていたとしても、危険ですので絶対に犬にはあげないようにしましょう!)参照:Bone Broth: The “Soul Food” Perfect for Sick Pets Who Won’t or Can’t Eat

ブログランキングに参加ちゅ〜♫

204088.gif よかったらランキングバナークリックで投票よろしくお願いします m(*- -*)m