犬は愛のサポーター

先日の「勇気を持った獣医さん」を書いた後、ある事に気付かされることになりました。

それは、大切なのは「私の気持ち」であるということ。

「あんな怒りの気持ちを持っていては、西洋獣医学を持っても、ホリスティックを持っても、治癒には繋がらない。」という事。

大切なのは、方法ではなく、私が心からそれらに感謝し、信じる気持ちだった。

私には西洋獣医学に対する大きな不信感と怒りがありました。しかもその怒りの下には、怒りで隠された本当の気持ちがこもっています。

お腹の中にそんな感情があるのでは、ホリスティックな方法でも効かないどころか、悪影響を起こしてしまうという事らしいです。

私の中にはやっぱりまだまだ解放してやるべき感情たちがあります。

こうやってそれに気がつけて、それを受け入れられる素直な私は偉いなーと思うけど(笑)

やっぱり何十年と持って来た感情を手放すのはなかなか大変な気がします。

思い癖っていうか、何か小さなきっかけ(トリガー)でも、感情をすぐに一定の方向に持ってゆこうとする癖があるので、そちらをなんとか本当の感情に誘導してやらなければなりません。

私の場合、本当の感情は子供の頃から感じて来た「なんで分かってくれへんの?」という悲しみで、いつもそれを「怒り」という感情で自己防衛している感じです。*なんでこんな個人的なことをブログに書くのか。。。恥ずかしいけど、こういう「*闇」の部分もどんどん外に出す必要を感じています。私だけがこんな風に感じているのではないと思います。仲間はきっといる!(笑)

*ここで私が言う「闇」とは「valnerability(ヴァルネラビリティ)」自分の弱さを認める事で自分に正直に生きる(オーセンティック “Authentic” に生きる)と言う事です。つまり「闇」は「宝」なんだよ〜 

この思い癖、瞬間で動くのでキャッチするのが大変かもしれませんが、今回はパンプキンが私を応援してくれているので、きっと手放せると思います。

動物って、本当に私たちの成長をサポートしてくれているんですね〜。

私が成長する事で、パンプキンに恩返しができればと思います。

パンプキンの愛に触れることができて、あ〜、本当に感謝です。

パンプキンのメッセージちゃんと受け取ったからね。

うち、頑張るわー。

Pumpkin Chu-Chu

 

 


ブログランキングに参加ちゅ〜♫

204088.gif よかったらランキングバナークリックで投票よろしくお願いします m(*- -*)m

コメントする